【PS6 PS5 の 発売日】

あたらしいゲームとの出会いを!PS5、PS4、PSVRの初見動画を最初から!【YouTube】チャンネルの登録、ぜひよろしくお願いします!





【PSVR】【PS4】【Blu-ray 3D】を遊んでみての感想と評価!と解説と利用方法!




【PlayStation®Camera アダプター申込受付】
PlayStationCameraアダプターの無料でのお申し込みはこちらから。
PS5購入のPSVRユーザーさんは必ず必要です!!




数量限定「PS VR Variety Pack」および「PS VR “PS VR WORLDS”特典封入版」が
10月29日より発売!セットは15,000円以上お買い得になっています!
PS VRをPlayStation®5で楽しむために必要な「PlayStation Camera アダプター」も同梱されています。

DMM.comの様々なジャンルのVR動画を選んで見られる動画ポイント1000円分付属!
目の幅調節・ピント調節機能を搭載し、眼鏡を着けたまま使える本格仕様の
VRグラス(DMMスターターセット)です。






評価

VR度(1-5):★★★★
オススメ度(1-5):★★★★★
酔い度(1低-3高):★

動画


【動画不可】

感想

 

説明は、下に書いてあります。 

対応ソフトはほんとうに、よく調べてから買ってくださいね。

普通に映画館なことに驚愕しますから、使わなきゃ損なのです!

個人的には最大画面が最高に好きです!

普通のPlayStationStoreの映画も、3Dじゃない映画も、

最大画面で寝ながら観ています。音もイヤホン爆音にして(笑)

最新の映画館のゴーグルですら、眼鏡族なので違和感で集中できないのですが、

PSVRならそんなことも一切なく充分に高精度な3Dが楽しめますよ。

解像度は設計上不足していますが、

映画館の粒子感だと思えば圧倒的説得力の完全勝利なのです!!

 

AmazonのBlu-ray 3Dの検索結果は、こちらから。

検索結果がどうしても曖昧なので、PS4対応かは必ずよく確かめましょう!

PS4で、4K Ultra HD Blu-rayは再生できません。

amzn.to

 

PS5で再生できるブルーレイの種類については、こちらから。

発売当初にBlu-ray 3Dを楽しむには、PS4が必要なようです。

www.ps6ps5.work

 

チャンネルの登録、ぜひよろしくお願いします!

 

 



動画を残せる遊んだゲームは、すべてアーカイブしています。

動画の埋め込み等はご自由にどうぞ。
Feel free to embed the video on your site.

ゲームへの感想などはYouTube側のコメント欄をご利用ください。
特に管理はしないので、規律を守った上でご自由にどうぞ!

更新情報はTwitterにて!


【PS6 PS5 の 発売日】

Twitterのフォローはすべて返させていただきます!

アフィリエイトを踏んでくださると嬉しいです!


【Amazonで購入】

PSVRでのVR動画視聴はDMM!


【DMM VR動画】

PSVRでの利用方法と無料作品はこちらから


【DMM.comアプリ VRモードとは?】

説明

 

www.jp.playstation.com

 

PS VRには「シネマティックモード」という機能があり、プレイヤーはVRヘッドセットに映し出される仮想空間内の巨大な画面で、通常のPS4®ゲームや、映画やアニメのBlu-ray™&DVD、動画サービスなどの2DコンテンツやBlu-ray 3D™コンテンツも楽しめる

大型TVモニターがなくても、PS VRなら巨大スクリーンを独り占めするという贅沢な夢がかなうのだ。

3D対応TVがなくても、PS VRならシネマティックモードの大スクリーンで3D映像を堪能できる

画面サイズは最大226インチ相当と迫力満点

3D映像だけでなく、PS VRのシネマティックモードでは、通常の2D映像も仮想空間内の大画面で観賞できる。 

 

画面サイズは小・中・大の3段階から選択可能

シネマティックモードでは、仮想空間内の約2.5メートル先にスクリーンが現れ、ゲームや映像コンテンツのほか、シェアプレイやLive from PlayStation®といったソーシャル機能、「torne(トルネ)™ PlayStation®4」で録画した番組の視聴など、PS4®で利用できるさまざまな機能を楽しめる。

画面サイズは小(117インチ相当、視野角54度)、中(163インチ相当、視野角71.5度)、大(226インチ相当、視野角90度)の3段階。PS4®の「設定」→「周辺機器」→「PlayStation VR」→「画面サイズ」で変更できる。

◆中サイズ

シネマティックモードのデフォルト設定となるのが中サイズ。自分の視界いっぱいに映し出されるスクリーンは正面に固定され、頭を動かすと画面の隅や外側の空間を見るかたちになる。

◆大サイズ

226インチ相当という巨大スクリーンは、視界の中には全体が収まらず、端を見るために頭を動かさなければならないほど。大型映画館の最前列中央を陣取っているような気分で、大迫力の映像を楽しめる。

◆小サイズ

中サイズや大サイズと異なり、頭の動きに合わせてスクリーンが視界の正面についてくる。中サイズと大サイズほどの迫力はないかわりに、どんな体勢でも画面のすべてが鮮明に見える。