【PS6 PS5 の 発売日】

毎日ゲームニュースを追えないあなたに!あたらしいゲームとの出会いを! PS5・PS4・PSVR の初見動画を垂れ流し! 【PSVR全力推し!】 YouTube : bz2999 Twitter : @PS6PS5 PSN : bz9999 ☆ 各情報へはカテゴリーから移動してください ☆ 動画の転載はご自由にどうぞ




【カテゴリー一覧】

PSVR用脱着式視力補正レンズが上海仮想遊戯貿易有限公司さんから届いたので使用してみての評価と解説と利用方法







【PSVR】【PSVR用脱着式視力補正レンズ】まったりぷれいな

 

f:id:bz9999:20190408102406j:plain

 

f:id:bz9999:20190408102426j:plain

 

当選

 

 

こちらで当選し、先日届いたので詳細を書いていこうと思います。

眼鏡族の僕は、すごく欲しかったのですが、発売直後で販売会社もちょっと不安。

さすがにしばらくは様子見だなぁ、と思った矢先の当選。

狂喜乱舞でした(笑)

(以降2019年4月10日時点の情報です)

 

高橋宏典さんとは

 

あまた株式会社代表。モバイル・家庭用ゲーム企画開発、VRコンテンツ開発、映像作品企画製作。VR脱出ADV『Last Labyrinth(ラストラビリンス) 』http://lastlabyrinth.jp 。ゲームプログラマ、CGアーティスト、サーバーエンジニア、ディレクター、ゲームデザイナー、運営スタッフ大募集中!

 

twitter.com

amata.co.jp

 

どこでもいっしょのP/Dさんです!

 

上海ゲーム部さんとは

 

twitter.com

sh-games.com

 

『上海の全てのゲームはここに集まるっ!!』を合言葉に活動している上海最大のゲーム世界観測者の集まりです。 アナログゲームからTVゲーム、VRゲーム、イベント迄総合的に遊んでます。 いつかゲームだけをやって暮らす経済圏を作りたいです。 今は猛烈にVRを日本に定着させるべく活動中です。

 

過剰なまでのVR愛が最高なのです(笑)

 

Last Labyrinth(ラストラビリンス)とは

 

twitter.com

lastlabyrinth.jp

blog.lastlabyrinth.jp

 

 

『Last Labyrinth』ゲーム概要
タイトル:Last Labyrinth (ラストラビリンス)
ジャンル:VR脱出アドベンチャーゲーム
対応HMD:PlayStation(R)VR、HTC Vive、Oculus Rift、Windows Mixed Reality Headset
対応機種:PlayStation(R)4、上記HMD推奨PC相当(Intel(R) CoreTM i5 4590 /NVIDIA GeForce GTX 1060以上)
配信プラットフォーム(ダウンロード専用):PlayStation(R)Store、Steam(R)、Oculus Store、Microsoft Store
プレイ人数:1人
オンラインモード:非対応
発売日:2019年夏予定
CERO:審査予定
価格:3,980円(税別・予定)
公式サイト:https://lastlabyrinth.jp
著作権表記:(C)2016 AMATA K.K. / LL Project

 

今回は、ラストラビリンス販促とVR普及へのキャンペーンでした。

PSVR愛でブログを書き始めた僕にとっても、自分の当選以前に最高のキャンペーンでした!

ゲームは当然買いますが、このレンズの普及が何かのハードルを取り払うのなら、協力しないわけがありません!

 

 

 

上海仮想遊戯貿易有限公司さんとは

 

上海仮想遊戯貿易有限公司は、VR周辺機器専門店です。皆さまのVR生活を「ちょっぴり」豊かにするお手伝いをしております。

世界中で発表されるVR製品。そのクオリティは年々上昇し、子供の頃に夢描いた世界が、まさに今、目の前に迫っていることが分かります。

しかし、こんな声もちらほら聞こえます。

「メガネが当たってレンズが傷つく」
「置き場所に困る」
「周辺機器の充電をもっと楽に行いたい」

そこで、我々は立ち上がることにしました。

上海仮想遊戯貿易有限公司は、世界で最もイノベーティブな街=上海で出会った仲間で立ち上げた小さなチームです。
我々は、VR体験を改善する「ちょっぴり便利な」商品を、皆様にお届けしたいと思います。

来たる、一億総VR化社会に向けて。

 

twitter.com

www.vrdevice.shop

 

そして、上海仮想遊戯貿易有限公司さんから、PSVR用脱着式視力補正レンズを受け取りました。

ここを見ているかたのほとんどは、買っていいものか悩んでいるでしょう。 

そして、それに答えるために僕がいるのでしょう(笑)

 

まず、先に情報をどうぞ。

 

脱着式視力補正レンズの情報

 

現状は、

PSVR用 脱着式視力補正レンズ

VIVE用 脱着式視力補正レンズ

Oculus Rift用 脱着式視力補正レンズ

が、あり、それぞれに、

標準レンズ

ブルーライトカットレンズ

乱視対応レンズ

乱視対応&ブルーライトカット

が、あります。

PSVR用には、視力補正の無い、脱着式ブルーライトカットグラスも、あります。

価格は、税込み8,000円からです。 

 

以降、僕が受け取った、PlayStationVR用の脱着式視力補正レンズ(Vglass)を説明していきます。

 

メガネなしでPSVRを楽しめるようになります。
CUH-ZVR2(新)・CUH-ZVR1(旧)両方対応しています。

★受注生産となりますので、納期が1ヶ月程度掛かります。★

---------------------------------
レンズ側に磁石が埋め込まれており、金属片をPSVR側に両面テープで貼り付け、着脱可能になっています。

【注文時のお願い】
注文決済画面の「備考欄」に 球面度数(SPH)を記入して、注文確定を行ってください。

<記入例>

 球面度数(SPH):右-4.50 左-2.45

※乱視対応の場合、以下の情報が必要になります。

 球面度数(SPH):右-2.50 左-3.45
 円柱度数(CYL):右-0.30 左-0.90
 円柱軸(AXIS) :右 105 左 130

※【遠視】については、現在、対応に向けて準備中です。
※下に 球面度数(SPH)記入についての解説画像貼っています。
※磁石が埋め込まれているレンズ横の羽の部分の形状が商品写真と差異がございますが、品質や効果に影響は全くありませんので、予めご了承ください。

【送料】
全国一律:500円

 

f:id:bz9999:20190408112304j:plain

 

Q.度数が「-10」を越える強度近視なのですが、注文は可能ですか?
A.「-10」を超えるレンズは現時点で対応できません。今後の開発となります。

Q.予備や家族用として、片目のみ注文は可能でしょうか?
A.レンズの原材料が2枚1組単位となっており、片方だけの販売はできません。
  通常のご注文でお願いします。

Q.「脱着式視力補正レンズ」って言いづらいんですが。
A.通称「Vglass」という名で呼んでいます。

 

脱着式視力補正レンズの解説

 

 

その他の商品

 

 

 

 

Twitterでの感想など 

 

 

プレゼントキャンペーンもやっていたりするので、Twitterのフォローはお忘れなく!

 

 

 

感想

 

では、自分で使ってみての感想です。

ここまで情報を並べたら、もう仰々しく書くような内容も残っていませんが、知りたいのは、買ってもいいのか、悪いのかでしょう。

結果を言えば、眼鏡でずっとプレイしていて、それを我慢できる範囲と思っていた僕にとっても、最高でした!!買っていいと断言できます!!

 

f:id:bz9999:20190410035602j:plain

 

梱包は、今回は特別仕様なので、同じではないと思います。あくまで参考程度に。

 

f:id:bz9999:20190410035826j:plain

 

開封の瞬間はワクワクします(笑)シンプルで素敵。

 

f:id:bz9999:20190410040057j:plain

 

オマケのキョンセーム レンズ拭き。カメラやメガネ、液晶画面などにも使用できるそうです!

 

f:id:bz9999:20190410040805j:plain

 

グッズもいただきました。ステッカー!嬉しい!!

 

f:id:bz9999:20190410041204j:plain

 

 ありがとうございました

 

f:id:bz9999:20190410041326j:plain

 

加工が甘いという話も聞きましたが、これ、最高ですよ!!買っても文句なんてあろうはずもないレベルです。マグネットの予備も付いていました。ケースも可愛いです(笑)

 

f:id:bz9999:20190410041725j:plain

 

右上のマグネットは予備です。レンズの画像左部分が磁石になっていて、ずらして写しているマグネットをテキトー!に、本体に両面テープ(茶色い部分)で貼り付けレンズを簡単装着するだけです。当然、着脱はマグネットなので超簡単です。

 

f:id:bz9999:20190410042305j:plain

 

右がPSVRへの装着後左端の銀色の部分がマグネットです。上から被せるだけ!!本体が平面ではないので、両面テープは最初だけグリグリきっちりくっつけましょう。

たぶん偶然の産物ですが、僕は鼻が低いので右のように鼻の部分を軽く押してくれるおかげで、光漏れも減って超ラッキーです(笑)

本体のレンズが完全防護状態になるのも最高です。

 

これで、あとは使うだけです!!

 

眼鏡のデメリットは、本来圧迫なんてしなくてもいいのに、いい角度を探しているうちについ圧迫してしまい、結果細かくどちらのレンズにも傷をつけ、その距離のせいで汚れ、さらに曇るということ。

あくまでPSVRは眼鏡でもまったく問題なく遊べます。

なのでこのレンズは無理に金策してまで買うような類のものではありません。PSVRは、そんなことしなくても気軽に最高の世界を手に入れられる道具ですし、そうあるべきです。

 

でもやはり、眼の前に道具を並べれば並べるだけ、気持ちいい状況は繊細になっていきます。

簡単に言うなら、今まで当たり前だと思いながら調整してきたことが、このレンズのせいでもう元には絶対に戻りたくなくなってしまった

そういう差でしょうか(笑)

 

 控え目に言っても、最高です!!

 

眼鏡はずっと乱視アリだったのですが、今回測ったところ、もう必要ないとのことで、結果使用感を試せませんでした。

 

ブルーライトにつては、完全に個人的な気持ちとして・・・受け入れていこう(笑)というスタンスなのでカットはいれませんでした。

 

あと、コンタクトでも遊んでいましたが、それよりも圧倒的に自由でいいです!ドライアイもですが、やはりコンタクトは目の動きを自重しますからね。グリグリ自由に動かせるのは別格です。思っているより遥かにです(笑)

 

その他使用感ですが、

少しだけのぼやけについてのツイートがありましたが、僕も目と目の距離はかなり遠いですが、クッキリです。距離と乱視などの特殊条件で少し気になるかたがでてくるのかもしれませんが、もしかしてPSVR本体の設定では?と思ったりしました。

くもりについては、強そう!という感じですが真夏に絶対くもらないのかどうかまではわかりません(笑)眼鏡とは比較にならないレベルなのはすぐにわかります。常識的に真夏の汗だくではくもりますよね、たぶん(笑)

 

安い市販のくもり止めで簡単に解決できますので、参考までに。

 

 

物理的な距離感は、当然レンズが飛び出しているのでその分はほんの少し圧迫されてます。されますが、視点の調整が圧倒的にラクになるので本体を顔にグリグリやらなくてもよくなるので、遠ざければ済みます。比較対象が眼鏡なら、比べるまでもありません。

メンテナンスは、レンズを本体から外せますし、ガッチリしているので、繊細に神経質にメンテナンスする必要は、まったくありません。気楽に汚れをとれますよ。

 

つまり、使っていてストレスを感じることは皆無で、

ただただ眼鏡やコンタクトから完全に自由になれます !!

(宣伝をする立場ではないので、完全な本音です(笑))

 

無理にとは言いませんが、迷っているようでしたら、ぜひ!!

 

 

 

視力測定

 

先に御自分で視力の測定が必要です。

必要な数字は一般的なものだけです。 球面度数(SPH)。

乱視の場合は、球面度数(SPH)、円柱度数(CYL)、円柱軸(AXIS)。

いろいろ勇気のないかたは眼科で有料で測定可能です。 

堂々と権利を行使できるかたは、Zoffなどで無料測定ができます!

僕は仕事先で度入りゴーグルをごにょごにょ・・・と、わけのわからない言い訳をしながら無料測定してきました。そのうちZoffで眼鏡買います(笑)

ちなみに目と目の距離も測ってくれますから、それをPSVR本体に入力すればより遊びやすくなりますよ。

www.zoff.co.jp

 

ご注文

 

ご注文は下記リンク先からどうぞ。

すべてのかたが満足するなんて大袈裟なことは言えませんが、

今現在の選択肢としては、きっと最良であると僕は思いました!

www.vrdevice.shop

 


VAIO STORE
ソニーストア
ドミノ・ピザ【PC向けサイト】